このようなことに困っていませんか?

ランサムウェアをはじめ、セキュリティの危機が高まっているが、何から手を付けたらいいのか…

経営者から他社と比べて、自社のセキュリティ対策状況を説明するように言われているが、どう説明したらいいのか…

取引先からのセキュリティ対応状況チェックや監査があるが、どう回答したらいいのか…

アイチームがそんなお悩みを解決します!!!

3ヶ月パックサービスとは

3ヶ月パックサービスとは、これまでの部分対応の結果、対応し切れていないセキュリティリスクを洗い出し、全体最適化の観点から、今の貴社において、最も有効な対策をご提案するサービスです。
これまでコンサルティングサービスの一部としてのみご支援してきましたが、今回、必要なノウハウを抽出し、3ヶ月間のセキュリティ強化スタートアップメニューとしてパッケージ化しました。


3ヶ月パックサービスの進め方

3ヶ月で、セキュリティ対策のロードマップ作成し、お客様の進むべき道筋を明確にします。
また、機器・IT管理ツールの導入で解決できる重要課題については、導入の支援まで行います。


アイチームの強み

お客様の立場でシステムや機器の導入に関する評価や改善提案
アイチームは、ITを活用した業務改善の支援をメインに行っております。
セキュリティ面や運用面におけるリスクを的確に洗い出し、貴社の現状に応じた改善策を提示し最適な環境へと導きます。

お客様側の立場でインフラ導入、運用コストの最適化
アイチームはインフラベンダーではありません。
貴社の現状に応じた適正コストを調査し明示し、既存のインフラベンダーに頼ることなく貴社にマッチしたインフラを導入します。


支援事例

○介護サービス会社(大手インフラ企業グループ会社)

親会社からのセキュリティ監査チェック項目に対して、どう回答したらよいのか分からない。
外部ストレージの利用制限について、運用ルールなどでの対応はしてきたが、制限し切れていない。
セキュリティバランス診断の結果、セキュリティ未対応リスクが明確になり、100万円程度の投資で、広範囲のリスク対応ができた。
同時にスパムメール対応もできたため、メールの仕訳をする必要がなくなり、業務効率が飛躍的にアップした。

○地域ガス会社

ランサムウェアの対応について、経営者から提案するよう指示があったが、何を提案すれば、自社にとって有効なのか分からない。
IT環境を調査し、既存のIT設備で対応が可能な部分とそうでない部分、対策の対象範囲や優先度を考慮することにより、早急に提案と対応が行えた。
ITの運用方法なども見直したため、ランサムウェアの対応だけではなく会社全体のITセキュリティーも向上した。

サービス価格

30万円(月額10万円×3ヶ月)