情シスソリューション サポート事例失敗から学ぶ忖度の重要性

ITに精通いていない経営層ばかりの会社において、どのようにシステム選定をすすめるべきか

事例お客様情報

===============================
従業員数:約1000名
===============================


お客様はこんなことでお困りでした

  • 現行の情報系システムの保守期間が切れる。
  • 現行の情報系システムより強固なセキュリティ対策、利便性の向上、システム運用負荷の軽減等の要件を満たしたシステムを検討したい。


□お客様事例

次期システムの候補として、業務要件からシステム要件を洗い出し、機能面、運用面、コスト面等多角的に比較検討した上で、 3つの候補から最適なシステム選定を行ったつもりであったが...



具体的なその原因…

  • システム担当者と経営層とのコミュニケーション不足・情報収集不足により経営層の意向を量り損ねた。
  • 最適な選定が必ずしも正解ではないという良い教訓となった。
  • 特に全社システムの選定においては、経営層を忖度することも必要である。



アイチームなら!

お客様の要件にあったシステムを選定します
アイチームではお客様の予算や導入時期・業務内容などをヒアリングさせていただき、 どのシステムがマッチするかシステム選定とシステム導入のご支援をさせていただきます。




会社の規模や予算、導入スケジュールに応じたシステムの選定をさせていただきます。 まずはアイチームにご相談ください!



ご相談は、こちらから