情シスソリューション サポート事例ベンダーが思い通りに動かない

そう言う前に「想い」を伝えていますか?

よくこんな状況を目にします…

  • ・こちらが望む通りになっていないことをベンダーのせいにしている
  • ・こんな結果になるとは思っていなかったと嘆いている
  • ・ベンダーに方針から決めてもらおうとしている

□それらはベンダーが全て悪いのでしょうか!?

様々な原因があるとは思いますが、その一つに「ベンダーの守備範囲を理解していない」こともあるのではないでしょうか。 ITベンダーは、ITの専門家(そのなかでも様々な分野があるが)であって、業界、もっと言えばビジネスの専門家ではありません。 そういう意味では、ITに関することは全面的に任せればいいですが、それ以上を求めていませんか。



ITベンダーをうまくコントロールするのに重要なことは…

  • こちらの意向(何をして欲しいのか、何はして欲しくないのか)を伝えること
  • それに対するITとしての提案をもらうこと
  • それをきちんと評価すること


□会議の持っていき方ひとつでも劇的に変わります。

  • ・ミーティングの前に議題(何を決めたいのかこちら側の意思)を明確化してアジェンダも共有した上で、 事前にベンダー側の意見も集めた上でミーティングを実施する
  • ・そうすると、1回のミーティングで確実に物事が決定し、打合せの回数が劇的に減り、 スケジュールも当初の予定通り進み、トラブルもなく、システムの導入ができた


  • アイチームなら!

    アイチームでは、ベンダーから期待した効果を得るためのご支援をします。
    一番のポイントは、ベンダーの立場を理解した上で、思いを伝えることです。
    思いを伝えるお手伝いをします!






    アイチームにご相談ください!

    ご相談は、こちらから