情シスソリューション サポート事例導入後活用出来ていないシステムがある

御社にとって最適なシステムを検討支援いたします

ご担当者の皆様、こんな事でお困りではありませんか?

  • ・会社規模に見合ったシステムかが判断できない。
  • ・業務内容にマッチしたシステムなのか判断できない。
  • 使うかどうか分からないオプション機能を提案されて、導入してしまう。

オーバースペックになってしまう?その原因……

まず、「オーバースペック」とは単純に高コストのシステムを導入したということだけではありません。
基幹システムと連携するオプションを導入したが、結局は活用されていない・・・なども含みます。

あるクライアント様では、生産管理システムと連携するスケジューラやBIシステムをベンダーからのススメで導入しました。ところが営業プロセスの改善がネックとなり、結局オプション機能は活用されずに次期システムのリプレースを迎えようとしています。

付き合いの長いベンダーは「うちの会社のことをよく知っているから」という理由だけで採用されることがあります。 ベンダーはシステムのことは詳しいかも知れませんが、業界、更には自社の業務については自社の方が詳しいはずです。

このように導入したものの、自社の業務には合わず利用されないために結果的にオーバースペックになってしまうという事例が数多く見られます。


貴社にとって最適なシステム導入を支援します。

他部門と情報システム部門を兼務の方やITの専門的な教育を受けずにIT担当に任命された方などが、自社の目的に合ったシステム規模を見極めるのは簡単ではありません。

そこで、アイチームでは、システムの導入段階において、中立的な立場で、システム選定を行った上でのベンダー選定をサポートしています。


システムの導入後の効果測定を行います。

利用されていない、フルに活用できていないシステムが社内に残ったまま放置される原因は、社内で利用されているシステムやサービスについて、効果検証を行っていないことです。

効果検証は、導入後の効果検証だけでなく、定期的な利用状況の把握を含みます。システムやサービスは利用されればされるほど、導入による効果は最大化されます。


アイチームなら!

投資判断と導入後の効果検証により、導入システムのコストパフォーマンスを最大化します。
導入前の合理的な投資判断とシステム・ベンダー選定、導入後の定期的な効果測定がオーバースペックにはならないシステム導入を実現します。

経営者の皆様、投資したシステムに対する効果は測定していますか?
導入したけど使っていない・・・納得していなければ…
アイチームにご相談ください!


ご相談は、こちらから