情シスソリューション サポート事例サーバー再構築

要件定義から各社見積もりの比較支援

ご担当者の皆様、こんな事でお困りではありませんか?

  • ・検討しているサーバースペックが自社にとって過剰でないか判断が難しい。
  • ・一般的、俯瞰的目線での投資金額の妥当性・正当性を経営層へ説明する際のエビデンスが少ない。
  • ・コンペ参加ベンダーの提案内容が、各社偏っていて比較が難しい

お気づきですか?その原因……

例えばそれは、

  • ヒアリングすべき項目に漏れがあり、提案依頼書(RFP)の記載内容が十分かつ正確ではない。
  • 欲しいソリューションに対する事前の情報収集そのものが、偏っている。
  • ベンダー主体の提案内容で、取扱商品のデメリットがわからない。
  • 欲しいシステムに対する一般市場の相場金額を知っている担当・人がいないため判断がつけられない。
  • オリエンテーションの話の流れで、ベンダーごとに説明が変化するため比較検討しにくい。
  • RFP掲載外の提案が、自社にとって本当に必要か判断する基準が無い。

心当たりはありませんか?


根本的課題を解決いたします。

社内の基幹システムやそのシステムそのものが収容されるサーバー群、ネットワーク環境などは、会社の業務の進化やソフトウェアの進化・保守の関係上、一定期間ごとのリプレイスや再構築・刷新といったプロジェクトは避けて通れません。

これらの業務には、要求仕様の検討・確定から見積もりの取得、比較検討、発注、開発管理、検収といった高度なIT関連の専門知識が必要なフェーズが数多くあります。

現実問題として、こういったプロジェクトが納品までの間に様々なトラブルに見舞われる原因として、発注者側のスキル不足が経営リスクとして認識され始めています。

『社内ユーザーの希望をすべて取り入れようとした八方美人な仕様。』
『ベンダー主体の提案に沿って選択した各種機器やソフトウェア。』
これらは社内で明確な判断基準・中長期的な視点でみられていないため、IT投資の投資効果を押し下げる原因となっています。

機種・機能選定には、あらゆる方向に対して中立な第三者の立場からの客観的な考察が欠かせません。本来、情報システム部内でこのような判断ができればいいのですが、IT知識・経験の不足や社内からのプレッシャーでバイアスがかかるケースが少なくありません。


アイチームなら!

第三者として企業様に必要な仕様を事業面・予算面など多方面から検証します。
その上で、ベンダー各社からの提案(見積)を比較検討しやすいように条件を揃えて経営判断がしやすい状態に取りまとめます。
情報システムご担当の方には、客観的な視点と事実の積み重ねで間違いのない比較検討をしていただけると同時に経営者の方にもわかりやすいエビデンス(検討過程・採用理由)の提供が可能となります。

経営者の皆様、ITシステム投資に対する判断の根拠について、本当に納得していますか?
少しでも納得していなければ…
アイチームにご相談ください!

ご相談は、こちらから